軽自動車の住所変更

軽自動車の住所変更は軽自動車検査協会で自動車検査証記入申請を行ないます。

全体の流れ

申請に必要な書類

住所を証明する書面について

個人の場合は住民票か印鑑登録証明書、法人の場合は商業登記簿謄本か登記事項証明書になります。いずれの書類も発行から3カ月以内の証書でなければ なりません。

ナンバープレートについて

管轄地域が変わる場合にはナンバープレートをはずして持参します。管轄地域はナンバーに書いてある「品川」とか「大阪」のことです。東京都ですと「品川」「練馬」「八王子」などいくつも管轄地域があります。
管轄地域がひとつの府県は例えば京都です。京都府下全域を管轄してる軽自動車検査協会はひとつですので管轄地域は変わりません。ナンバーも「京都」のひと つです。この場合ナンバープレートは持参しなくてよいのです。京都から大阪に引っ越すとなると「京都」ナンバーから「なにわ」や「和泉」ナンバーになるので管轄地域が変更になります。管轄の軽自動車検査協会事務所や支所はこちらのページから検索できますので事前に確認してください。

手続き

印鑑、住民票など住所の証明書、必要であればナンバープレートを持って管轄の軽自動車検査協会へ行きます。 自動車検査証記入申請書と軽自動車税申告書を現地で記入し、窓口に提出します。

詳しくは事務所で聞けばわかりますので持っていくものさえ忘れなければ手続きはすぐに完了します。