軽自動車の名義変更

軽自動車の名義変更は普通車の名義変更と手続きが異なります。注意してください。
軽自動車は普通自動車の場合と比較して書類の数が少ないのと申請する場所が異なります。

全体の流れ

軽自動車の名義変更に必要な書類

自動車保管場所証明 (車庫証明)の取得

はじめに車庫証明を準備します。必要書類は「自動車保管場所届出書」「保管場所の所在図・配置図」に加え、車庫を借りているなら「保管場所使用承諾 証明書」、車庫が自宅の一部など所有者が自分の場合には「保管場所使用権原疎明書面」が必要になります。書類の入手場所は管轄の警察署や自動車登録の手続きを行っている行政書士事務所です。中にはインターネットで公開されていて入手できる書類もあります。

自動車検査証(車検証)の用意

車検証は車に積んであるはずです。万が一、紛失したのであれば再発行の手続きが必要になります。

譲渡証明書の作成

普通車の名義変更と同じ様式で譲渡証明書を作ります。

現在の所有者から新しい所有者へ自動車を譲渡することを証明する書類になります。記入例を見ながら作成してください。
書類は陸運局で入手するかインターネットからダウンロードできます。
申請書類のダウンロード

住民票または印鑑証明書の用意

新所有者の住民票または印鑑証明書を用意します。どちらも役所で入手できます。これらの書類は発行されてから3ヶ月以内のものでないと有効とみなされません。自動車使用者の住所を証明する書類として提出します。

ナンバープレートの用意

自動車の管轄地域でなおかつナンバーの変更を希望しないなら用意する必要はありません。管轄地域が変更になる場合はナンバーも変わりますので用意してください。

自動車損害賠償責任保険証明書又は自動車損害賠償責任共済証明書

保険の名義変更に使用されます。書類は車に積んであるはずです。

軽自動車検査協会へ行く

上記の書類を持って管轄の軽自動車検査協会へ行きます。
管轄事務所は軽自動車検査協会の事務所・支所一覧ページで調べることができます。

[PR]

軽自動車の名義変更でお困りですか?
車の名義変更や住所変更など、自動車の登録手続きを代行します!
名義変更のエキスパート <<けやきワンストップサービス>>
www.keyaki-oss.com