自動車税の減税、自動車取得税の廃止など税制の見直しについて(2019年10月から)

2019年10月から車の税が変わります。ポイントは

  1. 新車の「自動車税」が毎年減税
  2. 「自動車取得税」の廃止と「環境性能割」の導入

また、「エコカー減税」と「グリーン化特例」が延長されています。

新車の「自動車税」が毎年減税になる

2019年10月以降に初回新規登録を受けた自家用車について「自動車税」が毎年減税になります。

すべての排気量で「自動車税」が引き下げられますが2,000cc以下のコンパクトカーほど減税額が大きくなります。 例えば、1,500ccの自動車を保有した場合、現行(9月末まで)34,500円/年の「自動車税」が10月以降に購入する新車登録車から、年間4,000円引き下がり、30,500円/年になります。

排気量毎の税額一覧 (自家用乗用車)

排気量 引下げ前の税率 引下げ後の税率 引下げ額
1,000 cc以下 29,500円 25,000円 4,500円
1,000 cc超 1,500 cc以下 34,500円 30,500円 4,000円
1,500 cc超 2,000 cc以下 39,500円 36,000円 3,500円
2,000 cc超 2,500 cc以下 45,000円 43,500円 1,500円
2,500 cc超 3,000 cc以下 51,000円 50,000円 1,000円
3,000 cc超 3,500 cc以下 58,000円 57,000円 1,000円
3,500 cc超 4,000 cc以下 66,500円 65,500円 1,000円
4,000 cc超 4,500 cc以下 76,500円 75,500円 1,000円
4,500 cc超 6,000 cc以下 88,000円 87,000円 1,000円
6,000 cc超 111,000円 110,000円 1,000円

出典: 新車の「自動車税」が毎年減税! | 大きく変わる、クルマの税。

「自動車取得税」が廃止され「環境性能割」が導入される

「自動車取得税」は2019年10月に廃止され、新たに「環境性能割」という購入時の税が導入されます。

「環境性能割」は燃費性能に応じて税率が変わり、登録車は0~3%、軽自動車は0~2%が課税されます。燃費のいい車ほど税が軽減される仕組みで、例えば電気自動車は非課税(0%)です。

詳しい税率は経済産業省のホームページをご覧ください。

関連サイト